もふもふのわんちゃん🐾

10月中旬頃の徳島城博物館の広報ボード。ここにこんな可愛いわんちゃんたちがいた!!

秋の企画展【蜂須賀家のおくりもの】はすでに終了していたが、パンフレットによると  この絵は 長澤蘆雪(ながさわ ろせつ)氏の【菫狗子図】。

蜂須賀家が所有していたものを 阿波藍商の流れを汲む徳島の素封家に対して譲渡したと記載されている。

蜂須賀家と国許阿波徳島の経済人との間に美術品を介した繋がりがあったことを物語る資料として貴重な作品だとも。


縄文時代の昔から 人間とともに歩んできたわんちゃんはちょっとしたしぐさがたまらなくかわゆくて 恰好のモデルになる。そして、それらの絵は今も昔も 私たちを癒してくれる。


【長澤蘆雪】は 江戸中期に異彩を放った絵師として、また現在は「三大奇想の絵師」の一人に数えられている。そして 愛くるしい子犬の絵をたくさん残している。(画像お借りしましたm(__)m)

🐾~🐾~🐾~🍀

徳島城博物館のすぐ横の徳島中央公園に蜂須賀家政公の銅像がある。


「これこれ そこのお客人!!」

「せっかく ここまで参られたのだから 銀杏でも お持ちなされ。」

「お時間があるのであれば 我が藩自慢のお茶園で 鳴門の渦潮を観ながら一服 🍵いかがかな? ちょうど 返り花🌸もご覧いただけるのじゃが。」          

と、蜂須賀家政公に声を掛けられた(気がした)👀✨!!??(言葉が合ってるかは????)

NPO法人 補助犬とくしま

特定非営利活動法人(NPO法人)補助犬とくしまは、徳島県の身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)の育成と普及啓発を促進する事業を行い、障がい者福祉の向上のための活動を行なっています。