補助犬の受け入れ ①

2003 年10月1日 身体障害者補助犬法が施行されて、 全ての施設で補助犬の同伴を拒んではならなくなりました。

受け入れるお店や施設の方にとって身体障害者補助犬法は「ややこしい法律」になっていないでしょうか?

実際に「受け入れんといかんのんだろ?」と怪訝そうな表情をされることもあり、お互いが嫌な思いをすることになります。

そこで、受け入れの理解が進み、スムーズに施設の利用ができるように受けれる側の方にわかりやすくお伝えしたいと思います。

身体障害者補助犬法は、受け入れる側を守る法律でもあると思います。

※厚生労働省の画像を転載。


障害のある方は、補助犬の力を借りて社会との関わりをもつという選択をしました。

いつも寄り添ってくれるパートナーである補助犬の同伴を拒むことは障害のある方を拒むことと同じです。

補助犬はどんなところでも迷惑をかけないように訓練された犬です。

まずは受け入れてみてくだされば、理解が進むと思います。


✨補助犬受け入れは障害のある方の社会参加への理解の問題です。

補助犬同伴受け入れについての 積極的なご理解とご協力をお願いいたします。

NPO法人 補助犬とくしま

特定非営利活動法人(NPO法人)補助犬とくしまは、徳島県の身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)の育成と普及啓発を促進する事業を行い、障がい者福祉の向上のための活動を行なっています。