聴導犬のお仕事

✨補助犬とくしまは、耳の不自由な方の自立と社会復帰を聴導犬で応援します!
  聴導犬と一緒に生活したい方を募集しています✨

聴導犬は、聞こえない・聞こえにくい人に必要な生活音を知らせます。

知らせ方は、ひざに前足をのせて気づかせてくれ、音源のところへ誘導してくれます。


聴導犬が知らせる音♫

聴導犬は、主に以下の音を教えてくれます。

室内の音

玄関チャイム音、目覚まし時計、ドアのノック、メールやFAX等着信音、赤ちゃんの泣き声、料理のタイマー、火災報知器、笛吹やかんの音など、自分の教えて欲しい音を訓練します。

そのほかにも家族の誰かを呼んで欲しいときに指示すると、聴導犬は家中を探して、その人のいる場所まで行き、相手のひざに前足を乗せることで呼んでいることを知らせます。 そして呼んでいる人のところまで誘導をしてくれます。

屋外の音

車のクラクションや自転車のリンなど危険を知らせてくれます。

郵便局や病院、銀行などでは、いつ自分が呼ばれているか分かりません。したがって、聴導犬パートナーは受付の人に自分の名前を 呼ぶ代わりに「呼び鈴」を渡して鳴らしてもらいます。受付の人が呼び鈴を鳴らすと、使用者に音が鳴ったことを知らせ、受付まで誘導し てくれます。

聴導犬は、“聴導犬”と表示したコートを着ているので、耳が不自由だと気づいてもらえます。

皆様の周りの音の聞こえない・聞こえにくい方に聴導犬のことを教えてあげてください。

NPO法人 補助犬とくしま

特定非営利活動法人(NPO法人)補助犬とくしまは、徳島県の身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)の育成と普及啓発を促進する事業を行い、障がい者福祉の向上のための活動を行なっています。