補助犬を育てるパピーウォーカー募集

徳島県愛護管理センターで保護された犬を聴導犬・介助犬に育成するために補助犬パピーウォーカーさん宅に預け、基本的なしつけをし、社会性を身につけさせていただきます。

動物愛護管理センターの多くの犬は、野犬が産んだ子犬や飼育放棄、高齢者の入院等による飼育不能、迷子など、人間の勝手な都合で行き場を失い保護されました。その子達は引取先がなければ殺処分対象となります。当法人は、一つでも多くの命を救い、輝かせてあげたい思いで保護犬を引き取り、聴導犬・介助犬に育成するための一時預かりをしていただくパピーウォーカーさんを募集しています。

パピーウォーカーの家庭では、人間との信頼関係を築き、まずは家庭犬として社会参加できるように愛情を持って育てていただくようお願いしております。

補助犬パピーウォーカー説明会

日時:令和元年11月24日(日) 13:30〜15:00

場所:ペット介護ステーション ジュエル

   徳島市八万町弐丈53番地3

里親期間は約1年間です。(個体差があります)

※ 預かる子が成犬の場合もあります。


条件

1. 家族全員の合意のもと、お願いする育成方針に沿って協力できること。

2. 室内飼育をしていただけること。

3. 月に一度のしつけ教室(徳島市内)に参加できること。

4. 留守がちでないこと。

5. 自家用車を持っていること。

6. ペット犬を飼っていないこと。

7. 乳幼児がいないこと。単身でないこと。


里親になるまでの流れ

申込書提出 → 書類審査 → ご家族の面接・講習会 → 家庭訪問(ご自宅や周囲の環境を拝見)


耳の不自由な方、身体の不自由な方の心の支えとなる聴導犬、介助犬の育成にご協力いただけますようよろしくお願い申し上げます。

NPO法人 補助犬とくしま

特定非営利活動法人(NPO法人)補助犬とくしまは、徳島県の身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)の育成と普及啓発を促進する事業を行い、障がい者福祉の向上のための活動を行なっています。