「がんになっても手放しません」人間に換算すれば"100歳"まで生きぬいた介助犬...

Yahooニュースより転載

人間に換算すれば100歳以上になる17歳まで生き抜いた介助犬のノンちゃん(仮名)のお話を紹介します。盲導犬、介助犬、聴導犬などの人間のために働いてくれている補助犬たちの「老い」についても考えていきましょう。

NPO法人 補助犬とくしま

特定非営利活動法人(NPO法人)補助犬とくしまは、徳島県の身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)の育成と普及啓発を促進する事業を行い、障がい者福祉の向上のための活動を行なっています。