補助犬の卵がミュージカル鑑賞、訓練の一環で カナダ

CNNニュースより転載

カナダ・オンタリオ州で開かれている演劇祭「ストラトフォード・フェスティバル」でこのほど、劇場の観客席に補助犬の卵が十数頭並び、ミュージカルを鑑賞した。

補助犬を育成する2年間の訓練プログラムの一環。劇場を訪れる飼い主に付き添い、足元や座席の下でじっと待つことを覚えさせるためだ。

未来の補助犬のために、本物のミュージカル「ビリー・エリオット」が上演された。外部からの刺激に敏感な観客向けに音響や照明を抑えた「リラックス・パフォーマンス」は、訓練にも最適だ。


担当の訓練士によると、どの犬も最後まで行儀良く待機し、カーテンコールでも客席は静まり返ったままだった。ただし途中で好奇心を抑えきれず、客席の上に頭を出して2~3分ほどステージをのぞき見る犬もいたという。

補助犬の卵たちはこれまで、動物園や地下鉄、混雑したイベント会場などで、慣れない光、音、動きに慣れる訓練を重ねてきた。

劇場では10月にも、補助犬訓練用のリラックス・パフォーマンスが予定されている。次回は合わせてマジックショーが上演される可能性もあるという。

NPO法人 補助犬とくしま

特定非営利活動法人(NPO法人)補助犬とくしまは、徳島県の身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)の育成と普及啓発を促進する事業を行い、障がい者福祉の向上のための活動を行なっています。