ライナスのNice!ライフ🐾

2021年3月25日 福島県からスタートした聖火リレーが 4月16日 徳島県のゴール地点のアスティとくしまに!! 4月15日.16日の2日間で 185人のランナーが 県内全24市町村、約32kmを巡って聖火を繋いだと報道されました。

そのとても貴重な歴史的瞬間に ライナスママは 立ち会うことができたようです。


皆さんに代わって ぼく、ライナス🐕がママにいろいろ聞いて レポートします🐾

当日ママはちょっぴり緊張気味!?に会場入り。

広い会場、正面ステージには大型モニター、そして 少し離したところに観客席。でも その多くの席は 着席✖、NG!!です。会場に入れるのは応募で選ばれた100名のみ。

画像で見ても いつもと全く違う光景で なんだかきゅっと身が引き締まりそう💦

ふっ=3、気持ちを切り替えて周りをみると いろいろなブース発見!!

おっ、ママ、あれがあったんだね。これです、やっぱりこれが一番気になるよね。

それは聖火リレートーチ🔥✨

桜🌸をモチーフとした優美なデザインのトーチ🔥✨(画像お借りしました)

桜ゴールド色で 全長710mm、重量1.2kg。

東日本大震災の被災地の方々の「心の復興」と平和への願いを込めてデザインされていて、「炎🔥のかたち」なんだって。なんと 主な素材のアルミニウムは仮設住宅由来の再生アルミニウムが約30%含まれているのだそう。


このブースでは トーチキス体験ムービーがもらえるの?いいなぁ、聖火ランナー気分が味わえるじゃん。

ママ、トーチ 重かった? ずっと掲げて走るとなるときついかも💦って。そっか。

次は こんなブース。「VR体験コーナー」

あれかな?VRゴーグル付けるやつ? オリンピックスタジアムのフィールドに立って駆け抜けるVRを体験できる、って面白そう。でもこれは TRYしなかったみたい。

おっ、オリンピックのオリジナルグッズコーナーもある。Tシャツ、キーホルダー、ピンバッチ、記念切手・・・。

ママは ピンバッチ GET!!


いろいろ 散策していたら ・・・・。あっ、時間だ!! ママ、そろそろ出番?

出番?!、そうなんです。今回ママは、セレブレーションのパフォーマーとして会場入りしていたのです🐾

聖火ランナー到着までの間 いくつかのパフォーマンスがあり その中の一つ【オリンピック讃歌】を和楽器で演奏したんだって。生♬でぼくも聞きたかったな。

この【オリンピック讃歌】は徳島市出身の詩人、野上彰さんが訳詞を手掛けられたものらしい。

マスク姿のママ、どこにいるかわかるかな? で、ヒント!! 

画像 右下を見て下さい。わんちゃん🐕見えますか?ママの目の前に 鶴野さんとディアくんがいて、思わず笑顔(*^^*)になったんだって。ということは・・・、ママは あれ💡✨!!


セレブレーションが無事終了して・・・、なにやら ざわざわ。そして 午後8時すぎにぞめきのリズム♬。そうこうしていると 県阿波踊り協会所属連の子供たちが踊り込んできて、あっ、聖火ランナーが.......。


そして、聖火🔥✨が聖火皿に移された。おぅ、感動的💓””

「希望の光が繋がれました♡」👏”” わぁ~~(⋈◍>◡<◍)。✧♡

県民みんなのいろいろな思いを乗せた聖火の炎🔥✨は あたたかく、そして力強く燃えて~🔥✨。


🏃🔥✨~徳島から香川、そして高知、愛媛と巡り、7月 最終ゴール地東京へ~🏃🔥✨



ママ、ぼくのレポートどうだった?会場の様子や雰囲気 上手く伝えられたかな?(うんうん)

あっ、それはそうと 賢くお留守番してたぼくに ご褒美を!!よろしく、ね🍀

NPO法人 補助犬とくしま

特定非営利活動法人(NPO法人)補助犬とくしまは、徳島県の身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)の育成と普及啓発を促進する事業を行い、障がい者福祉の向上のための活動を行なっています。