馬酔木(アセビ)🐕💦

【和名】馬酔木(アセビ) 

 ▶馬が馬酔木の葉を食べると中毒になり しびれて酔った様になったことが名前の由来。

 ▶野生の動物は 本能から馬酔木は食べることは少ない。

 ▶植物全体、特に葉🍂に有毒成分が多く 昔は葉を煎じて殺虫剤としても使われていた。

 ▶誤食時の主な中毒症状は よだれ、嘔吐、足のふらつき、下痢など。


嗅覚が優れている犬🐕にとって 甘い香りを放つ馬酔木は 興味津々、2月下旬から、特に花の咲く3月~4月上旬は  散歩コースに馬酔木が植わっているかどうかを チェックしておくと安心ですね(*^^*)♡🍀



▶▷▶【馬酔木の花言葉】・・・【犠牲】【献身】


NPO法人 補助犬とくしま

特定非営利活動法人(NPO法人)補助犬とくしまは、徳島県の身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)の育成と普及啓発を促進する事業を行い、障がい者福祉の向上のための活動を行なっています。