もっと知って 補助犬のこと❣️とくしま上板熱中小学校

〜補助犬が 受け入れられる徳島に〜

『とくしま上板熱中小学校』さんの卒業式にて30部配布させていただきました。

ご卒業おめでとうございます。

そして、リーフレットを手にとっていただきありがとうございました。

とくしま上板熱中小学校

2015年10月に山形県高畠町から始まった熱中小学校の活動は全国に広がり、福島県会津若松市、富山県高岡市、東京都八丈町、東京都墨田区、北海道更別村、宮崎県小林市、長野県信州、和歌山県紀州、高知県越智、鳥取県琴浦とともに姉妹校として開校しています。 北海道から九州まで12の地域が連携し、地域の垣根を飛び越えた全国レベルの地方創生プロジェクトとして注目を集めています。地域の課題を解決するために必要なものは「ひと」の力です。 地方には、地域の活性化に向けて行動できるプレイヤーが圧倒的に不足しています。 熱中小学校では、各業界の最先端で活躍する方々を教諭に招き、最先端のビジネスに関する知識やノウハウを学ぶことができるだけではなく、想いのある個人同士がつながり、一緒にアクションを起こす仲間作りができる場を提供します。「ひと」をつくることが、結果的に地方を創生することに繋がります。とくしま上板熱中小学校では、多彩な授業と共に、地域に根差した事業化プロジェクトも遂行します。とくしま上板熱中小学校は日本一の藍染体験施設である上板町“技の館”に拠点を置きますが、上板町だけではなく、授業は全国の熱中小学校と連携し、事業化プロジェクトは全国そして世界への展開を目指します。とくしま上板熱中小学校は、自分の可能性を発見する場です。社会人として過ごしてきた自分が異なる教諭の生きざまと接し、新たな展開を自身で発見できる場です。 多彩な教諭との出会い、同じような考えを持つ生徒との出会い。 それらは、あなたに新しい目標と、十分な自信を与えてくれるでしょう。全国の熱中ネットワークにより派遣される第一線の教諭陣による授業です。 後日動画による視聴も可能です。 授業終了後には交流会があり、教諭の方々や参加者と直接交流ができます。 一緒にコトを起こす仲間をつくる場を提供します。 熱中小学校は北海道から九州まで全国約7地域が参画する共同のプロジェクトです。 全国各地との繋がりや新たな価値の共創を促します。 高畠町で開校後、熱中小学校に入学した生徒・関係者の「ぜひとも私たちの町でも!」の想いを受けて日本全国で姉妹校が開校しました。 2019年にはアメリカ・シアトルにも開校。 熱中パスポートを利用した地方×地方、地方×都市、地方×海外の交流が広がっています。●高畠熱中小学校(山形県高畠町) ●會津熱中塾(

necchu-kamiita.com

✨お願い✨

NPO法人 補助犬とくしまでは、補助犬(盲導犬・聴導犬・介助犬)を徳島県の皆さまにご理解いただくため、リーフレットと点字用紙で作った栞を準備しました。配布してくださる方、設置してくださる方を募集しています。ご協力よろしくお願いいたします。

NPO法人 補助犬とくしま

特定非営利活動法人(NPO法人)補助犬とくしまは、徳島県の身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)の育成と普及啓発を促進する事業を行い、障がい者福祉の向上のための活動を行なっています。