阿南ロータリークラブさんの卓話へ

お招きいただきました。

補助犬とくしまの取り組みを聞いていただき誠にありがとうございました。

私はお話の最後に必ずお伝えしていることがあります。

山橋衛二さんと盲導犬ヴァルデスの事故のことです。

2015年10月、バックしてきたトラックに轢かれ尊い二つの命が消えました。

ヴァルデスは最期まで山橋さんを助けようと引っ張った跡がありました。

自分だけ助かりたいと思えば簡単なことなのに・・・即死でした。

きっと山橋さんは、近づいてくる車は正面から自分を見つけてくれると思ったとことでしょう。「バックします」という音声があれば、車は自分に気づいていないと分かりヴァルデスの誘導に従ったと思っています。

2018年3月ハイブリットカーの存在を通知する車両接近通報装置搭載が義務化されました。

2020年から製造のトラックにアラーム音搭載が義務化になると聞いています。

しかし、スイッチを切ることもできます。

私たちは交通弱者を救うこの活動を永遠に続けていきます。


山橋衛二さんと盲導犬ヴァルデス

事故現場

青が山橋さんとヴァルデスが歩いた方向

赤がトラックの移動方向

トラックから見た事故現場

バックして空き地に入ろうとした

杉井ひとみ

NPO法人 補助犬とくしま

特定非営利活動法人(NPO法人)補助犬とくしまは、徳島県の身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)の育成と普及啓発を促進する事業を行い、障がい者福祉の向上のための活動を行なっています。