那賀高校の補助犬啓発活動〜ほじょ犬シール配布①〜

補助犬同伴で初めての施設を利用するとき、高い確率で補助犬と補助犬法の説明が必要になります。理解して受け入れられればいいのですが、説明しても拒否されることがあります。
それならば…
「公共交通機関や施設・店舗が、補助犬を理解して受け入れ体制が整えられれば問題なく利用できる」と那賀高校JRC部の皆さんが活動をしてくださいました。

徳島県立那賀高等学校 公式ホームページより転載

10月20日(水),JRC部員2名が鷲敷にある公共機関を中心に「ほじょ犬シール」を配付し紹介しました。訪問先は,鷲敷小学校,鷲敷中学校,阿波銀行鷲敷支店,徳島大正銀行鷲敷支店,那賀町役場鷲敷庁舎,阿南警察署那賀交番,鷲敷郵便局です。「ほじょ犬シール」とともに,JRC部員と森林クリエイト科で作成した那賀高版補助犬マークのマグネットをお渡ししました。快く受け取ってくださり,すぐにその場で貼っていただいたところもありました。本当にありがとうございました。参加した生徒からは,「活動を続けて,もっと多くの人に補助犬のことを知ってもらいたいです。」と感想が聞かれました。

NPO法人 補助犬とくしま

特定非営利活動法人(NPO法人)補助犬とくしまは、徳島県の身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)の育成と普及啓発を促進する事業を行い、障がい者福祉の向上のための活動を行なっています。