地域交流体験研修 2日目

2日目は、盲導犬とパートナーになって20年‼︎ 鶴野さんとディアに講師を務めていただきました。

和やか〜な雰囲気で楽しい交流ができました。

研修生のみなさんから次々と質問があり「学びの姿勢がさすがだなぁ」と鶴野さんと感心しきりでした。

前日、講習した介助の本番です‼️

三人が鶴野さんを介助して一緒に向かいのラーメン店へ行き食事をしていただきました。
これまた、三人とも自宅で予習して来られているのですね。

完璧なのでびっくり‼️

メニューの読み上げも丁寧でわかりやすい✨ しかし…メニューがいっぱい💦

帰りの誘導も完璧でした‼️

事務所に着いてから、休憩をとっていただくようにご案内しても、ずっと鶴野さんを囲んで楽しそうにお話をされていました。

介助についての反省会では、鶴野さんから自分たちでは気づけなかったアドバイスをいただき、皆さん貴重な体験を喜んでくださいました。

画像が休憩中なのか、研修中なのかわからないくらいリラックスした雰囲気です✨

最後に意見交換として身体障害者補助犬の役割と課題について思いや解決方法を共に考えていただきました。すると、多くのご意見やアイデアをいただき「徳島県の未来は明るいなぁ」とまたまた鶴野さんと感動しました。

このような地域交流型の研修を行うことで行政と地域が協力し合い、両輪となって事業に取り組むことができたら素晴らしいと思います。


NPO法人 補助犬とくしま

特定非営利活動法人(NPO法人)補助犬とくしまは、徳島県の身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)の育成と普及啓発を促進する事業を行い、障がい者福祉の向上のための活動を行なっています。