『見て 聞いて 知って 考えて 思いやりの種をまき 花咲かせてね』

当法人の鶴野克子副理事長が、講演でいつも伝えている言葉です。

このことが確実に伝わっているのだと実感した記事を紹介します。


徳島新聞「新聞感想文コンクール」最優秀賞の感想文と受賞の喜びが掲載されていました。

感想文は「コロナ拡大、視覚障害者生活不便7割」という新聞記事について書かれていました。

赤線は講演で必ずお願いしていることの一つです。


下の画像は喜びのコメントです。赤線の部分は鶴野副理事長のことですね。

粟飯原そらさん、最優秀賞おめでとうございます。

そして、新聞紙面で「思いやりの花」を咲かせてくださりありがとうございます。

NPO法人 補助犬とくしま

特定非営利活動法人(NPO法人)補助犬とくしまは、徳島県の身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)の育成と普及啓発を促進する事業を行い、障がい者福祉の向上のための活動を行なっています。